2013.7.10カプセル内視鏡を飲めばお腹の中がわかります

今回の解説は小腸を検査するためのカプセル内視鏡についてです。小腸で出血が起きていないかなどの検査をするのですが、少量の水と共に小さなカプセルを飲むことによって、カプセルを回収しなくても小腸の中の映像が撮れるシステムとなっており、体への負担も非常に小さいそうです。
熊本大学医学部 奥田先生にお話しいただきました。

date: 2013-07-10 | Category: 医療動画 | No Comments »

Related Posts